新しい緑内障手術

最近の大きな話題として、緑内障手術の際に特殊な装置を眼内に埋め込むインプラントが開発されました。一つはステンレスでできた非常に小さなチューブを房水が眼内から眼外に流出する場所に埋め込むというものです。特に濾過手術の際の術後合併症の軽減や時間短縮などに貢献できるものです。ただ、これで緑内障手術が完成したわけではなく、まだまだ多くの解決しなければならない問題があります。